気になる夏の自分でできる、あせも対策とは?

夏になると汗をかく機会が急激に増えてきます。汗をかくときになるの、汗による汗シミや匂いなどですが、あせもに悩む人たちも多いです。

以前はあせもは赤ちゃんや子供、肌の弱い人に多い肌トラブルと考えられてきましたが、近年では猛暑や酷暑などの異常気象などによって肌が健康な大人でもあせもに悩む人が増えてきています。

このようなあせもを防いだり、軽減させるためにはどのような対策が必要なのでしょうか。


あせも対策について

あせもは汗が大量に出ることによって、汗が出る管の出口(汗孔)が汗の成分や古い角質などでふさがれてしまい、表面に噴出すことができなくなり、皮下で漏れ出すことによって炎症を起こすのが原因です。

そのため一番の対策は、汗を大量に出さないこと。しかし、だからといって制汗剤を使用すると、制汗剤の中の収斂作用によって汗孔をさらにふさいでしまうことがあるので、あせも対策には逆効果になってしまいます。

・汗が出にくい環境を作る

エアコンを随時活用したり、家の中と外の換気をこまめに行なうなど、汗が出にくい環境を整えてあげることが大切です。

・汗腺機能を活性化させる

大量に汗をかいても、その汗が質のいい汗であれば汗孔をふさぐことは少なくなります。適度に運動したりして若干の汗は継続してかくようにしましょう。

・汗が出たら

汗をそのままにしておくと、汗が服や肌に溜まり、肌トラブルを起こし易くなります。汗が出たらこまめに拭くようにします。

そのとき、市販のデオドラントシートなどだと刺激が強いばかりではなく、デオドラントシートに含まれている制汗成分によって汗孔をふさいでしまい、あせもが悪化してしまうこともあるので、汗を拭くときはお絞りやウェットティッシュなど肌への刺激がないものを選ぶようにしましょう。

・入浴法
HOTE86_yubunenitukaru15104832-thumb-815xauto-14692

あせもを予防したり、軽減させるための入浴方法ですが、湯船に熱いお湯をためてしっかり身体を温める入り方はお勧め出来ません。

家の中でもお風呂は一番高温多湿な場所です。長く入るとそれだけで汗が出て汗疹を引き起こしてしまうこともあります。

シャワーで軽く汗を流す程度にするか、どうしても湯船につかりたいという人にはぬるめのお湯でさっと使ったらあがるようにしましょう。

・肌着や服などで汗をコントロールする

今流行の冷感素材の生地を使ったインナーやアウターで外気温が暑くても、体が熱くなるのを防ぎ、汗を出にくくする方法や、通気性や吸湿性に優れた素材の服やインナーなどで、かいた汗が服や肌に張り付くのを防ぐ方法などがあります。

また、就寝時にも人間は汗をかくため、寝間着や寝具などの素材にも気を配るようにしましょう。

大人あせも


夏の汗も対策赤ちゃん、子供編

LISA78_sangurasu20141018094146500-thumb-815xauto-5879

あせもは、今は大人でも環境や要因、体質などによって起こすことが増えている肌トラブルですが、昔から肌のバリア機能が完成していない赤ちゃんや子供に多く見られる肌トラブルといわれています。

赤ちゃんや子供は大人と汗腺の数がほとんど同じです。そのため、肌の表面積に対する汗腺の数が大人に比べると多いことになります。そのため同じ量の汗をかいたとしても、大人より肌に与える刺激などは大きいのです。

なた、大人は自分で、暑かったら脱いだり、エアコンをつけたりということができますが、赤ちゃんは自分が暑いと訴えることもなかなかできないほかに、自分ひとりで対策を立てることは無理です。

そこで普段赤ちゃんや子供を育てている人が気をつけて観察するようにする必要があります。


赤ちゃんの汗も対策

・親のしっかりとした観察

ちょっとでも汗をかいていたらこまめにふき取ってあげたり、あせもができたらすぐに治療してあげられるように普段から肌の様子をきっちりと観察してあげてください。

普段と様子が違うと感じたときには、早めに薬を塗るか病院へつ連れて行くか、すばやい決定もできます。

・汗をかきすぎない環境作り

エアコンはあせもに悩む人にはお勧めなアイテムです。よく赤ちゃんにエアコンの風が当たるのは良くないからと避ける人がいますが、適度に使えば上手なあせもの軽減策になります。

・赤ちゃんは大人より薄めの衣装や寝具でいい。

赤ちゃんは新陳代謝が高いため、大人よりも汗をかいてしまうことがあります。そのため赤ちゃんの衣類や寝具などは大人より薄くていいのです。

・おむつ交換や着替えはこまめに

オムツで蒸れてお尻にあせもやかぶれを起こしたりする人も多いです。

とにかく赤ちゃんは自分で不快を表現することも、自分でもまめに対策をとることもできません。そのため、親が早めに気が付いてオムツや汗で汚れたい服を交換してあげることが大切です。


記事一覧!

間違ったあせも対策


プライバシーポリシー   免責事項   運営者情報